長いお付き合いです

私が膝を痛めたのは、30代前半のことです。

山歩きが好きだったので、休日には県内の山へ、よく歩きにいっていました。
少し傾斜の激しい山を下ったときに、膝に激痛が走りました。

なんとか、時間をかけて下山できましたが、その日以来、膝の痛みとの付き合いがはじまったのです。

私の膝が痛むポイントは、ある程度決まっているので、事前に気を付けています。

下り坂や、下りの階段を降りるときは、人一倍ゆっくり降りることが大事です。
また、一段一段、両足をそろえて降りるようにしているので、他の人たちに迷惑をかけないよう気も使っています。

沢山歩く日は、膝が痛くなることが多いので、前もって膝にサポーターを履いておきます。

これがとっても効果があって、私のお気に入りなのです。
Gパンを履いていれば、全く分からないですからね。

歩き疲れたと感じたら、屈伸運動をして膝をほぐすようにしています。
痛む足は決まっているので、外に放り出すように足を前に蹴り上げます。
すると、膝の裏側が気持ちよくなり、痛みが緩和されてくるのです。

病院に行っても、膝の痛みの原因もわかりませんでした。
ずっと歩いていたいから、膝の痛みとも仲良く付き合わなくてはいけませんね。

多くの人がサプリを飲み続けているってことは、一定の効果があるのでしょうね。