痛みを抑えるストレッチ

急に激しい運動をしたり、重いものを持って歩き続けたりすると膝の痛みが生じることがあります。

日頃、歩くことを習慣にしていない人にとっては急激な運動は足腰にかなりの負担をかけることとなります。

常日頃からよく歩くこと、体を動かすこと、筋や筋肉をのばすことを心がけていれば大事にはいたらないのですが
運動が習慣化されていない人にとっては膝の痛みを治すことはやっかいです。

痛みを感じたらすぐに冷湿布を貼ります。膝の痛みは安静にしているだけではなおりません。
朝晩30分程度、ゆっくりと膝に負担がかからぬよう歩くようにしなければなりません。
膝は動かさなければみるみる固まっていきます。

膝の痛みの原因の一つに腰の歪みがあります。
膝が痛いので膝ばかりケアしているが一向に治らない場合は腰に原因がある場合があります。
そのときは腰のストレッチをします。

足をのばして前屈をしたり、仰向けになって片足を持ち上げ膝裏を両手で上半身に引き寄せます。

このようなストレッチをして筋肉を伸ばすと腰の歪みがとれて膝の痛みがみるみる取れます。

また、骨盤の歪みによって足の長さに違いが生じ、片方の膝に負担がかかってる場合があります。

その時は長時間歩く前と歩き終わったあとに骨盤の歪みをとるストレッチをすると効果的です。