膝の痛みがあると動くことがいやになりますね

膝の痛みがある時は、ストレッチなど軽い運動をして様子をみます。

身体の痛みの中でも、曲がる部分には負荷が倍異常にかかるので、痛みが出ることも多いのです。

痛みが治まらないのであれば、膝にキツめのサポーターをつけてみるということです。
サポーターには膝用に穴が皿部分に、穴が開いたサポーターが売っています。

そのサポーターであれば、膝の曲げ伸ばしには支障がないので、助かります。
軽い痛みであれば、サポーターで様子をみていると収まる場合もあります。

それでも治らない場合は、医師の診察をするようにしてください。

はじめから歩けないようなら、医師に相談するしかないので、痛みに柔軟に対応して行きましょう。

膝には軟骨がすり減って、骨と骨が擦り合って痛みが出るという場合が多いです。
そんな時は、人口軟骨を注射によって注入して、治すという方法もあります。

薬で痛みを止めることもありますが、原因が分かっていて治せるものなら、早めの解決に手を打って行きましょう。

痛みが続くと、やる気もなくなってしまいますので、対処は素早く完全に治してしまいましょう。