膝を痛めたときに改善する方法

ひざの痛みの原因は変形性膝関節症やスポーツなどによる膝の酷使、久しぶりのランニングや自転車、登山などがあります。

関節症や関節炎の場合はすぐに医者での治療が必要です。
治療は薬を使っての治療が有効です。

スポーツでの膝の酷使では痛みがなくなるまで安静にしているか、体重を減らす、筋力を増やすことが効果的です。

体重を減らすことで体を支えている膝への負担を減らすことができますし、関節の筋力が増えることで体重を支えることができます。

筋力を増やすときは膝への負担が小さい水泳や自転車がオススメです。ここで負担が大きい運動をしてしまうと膝がさらに悪くなってしまうので注意が必要です。

久しぶりの運動による膝の痛みは数日安静にしていれば治るとおもいます。

私は自転車で膝を痛めていたのですが、その原因はペダンリングが悪く膝を開いてがに股のまま自転車をこいでいたら膝を痛めてしまいました。

その後膝をしっかりと閉じたまま自転車をこいだら痛みが引いたので、もし自転車で膝を痛めた人がいたらがに股のまま自転車をこがないほうがいいと思います。